スタディサプリTOEIC実践者が内容と使い方や勉強法を徹底解説!

スタディサプリTOEIC

私は実際にスタディサプリTOEICを利用して、TOEICテストのスコアアップを果たしました。

私の実績が示している通り、スタディサプリTOEICは非常に優れたツールです。

しかし、使い方を誤ると、その効果を十分に得られないことにもなりかねません。

そこでこちらでは、

  • スタディサプリTOEICのコンテンツ内容

と、実際にスタディサプリTOEICを実践してきた私の経験から考える、

  • スタディサプリTOEICのトレーニング機能とその活用法
  • レベル別のスタディサプリTOEICでの勉強法

について、お話していきたいと思います。

スタディサプリTOEICのコンテンツ内容について説明します!

パーフェクト講義

パーフェクト講義

パーフェクト講義は、TOEICによく出る53のパターンを、Part別にTOEICの問題形式で学習するコンテンツです。

この53パターンのすべてについて、関先生の動画講義が用意されています

また、1つのパターンに対して、「例題」と「演習」がセットになっており、「例題」で学習した内容を「演習」を行うことで定着させていきます。

パーフェクト講義 トレーニング

レッスンごとには、基本的に、

といったトレーニングで構成されています。

(各トレーニングの詳しい内容については、各項目のリンクから参照できます。)

パーフェクト『講義』とは言っても、講義だけで終わるのではなく、

  • 問題に出てくる重要な単語やイディオムの暗記機能
  • ディクテーションやシャドーイングなどの英語力を高めるトレーニング機能

が付随しているところが、秀逸と言えるでしょう。

なお、各Partの最初には、

  • そのPartの概要
  • そのPartの学習法

についての動画講義がありますので、まずはこれらを確認してからそれぞれのPartの学習を始めましょう。

実戦問題集&実戦問題集NEXT

実戦問題集

実戦問題集と実戦問題集NEXTは、実際のTOEICテストと

  • 同様の構成
  • 同じ問題数(200問)

で作成されている問題集です。

実戦問題集と実戦問題集NEXTにそれぞれ10セットずつありますので、合計では20回分4000問も用意されていることになります。

なお、実戦問題集については、別売りのテキストを利用すれば模試としても活用できます。

一方で、苦手なPartの問題を集中して解く、というような使い方もアリでしょう。

実戦問題集 トレーニング

レッスンごとのトレーニングは、パーフェクト講義とほぼ同じで、基本的に、

となっています。

(各トレーニングの詳しい内容については、各項目のリンクから参照できます。)

こちらについても、パーフェクト講義と同様に、問題を解くだけで終わらず、各種のトレーニングが用意されており、これらを活用することで英語力のレベルアップを図れるようになっています。

TEPPAN英単語

TEPPAN英単語

TEPPAN英単語は、TOEIC頻出の単語を目標スコア別にまとめた単語集のコンテンツです。

  • 目標600点…750語
  • 目標730点…340語
  • 目標860点…230語
  • 目標990点…180語

合計1500語が収録されています。

単語選定の質に関しては、他のTOEIC用の単語集と比べても遜色ありませんので、安心して学習できます。

具体的な使い方については、こちらで解説していますので、ご参照ください。

TEPPAN英単語

TEPPAN英単語に特徴的なのが、その解説で、

  • ユーザーにヒアリングしたなかから参考になるもの
  • 関先生独自のわかりやすい解説

が掲載されています。

単語学習をしていると、どうしても覚えにくい単語が出てくるかと思いますが、そういった際に記憶するためのヒントになってくれることでしょう。

TEPPAN英単語

また、このTEPPAN英単語の使い勝手の良さは、1つのレッスンが10語ごとになっているところです。

これだけ小分けにされていれば、1レッスンにかかる時間は数分ですので、スキマ時間に学習することもできますね。

パーフェクト講義-英文法編

パーフェクト講義 英文法編

パーフェクト講義-英文法編は、中学・高校で学習するもののなかから、特にTOEICのスコアアップに必要な48の文法事項をピックアップして解説しているコンテンツです。

TOEIC頻出のものに絞っているため、効率的に学習することができます。

また、パーフェクト『講義』の名の通り、すべてのレッスンで関先生の解説講義があります。

パーフェクト講義 英文法編 トレーニング

個別のレッスンは、

のトレーニングで構成されています。

(各トレーニングの詳しい内容については、各項目のリンクから参照できます。)

まずチェック問題や解説講義で知識を押さえたうえで問題演習を行い、その知識を定着させていきます。

基礎講座

基礎英文法

基礎英文法

基礎英文法は、中学レベルから英文法の基礎を一から学べるコンテンツです。

すべてのレッスンにおいて、アニメーションによる動画講義があり、イラストなどが多く用いられているため、非常にわかりやすくなっています。

なお、個別のレッスンは、パーフェクト講義-英文法編と同様で、

のトレーニングで構成されています。

(各トレーニングの詳しい内容については、各項目のリンクから参照できます。)

基礎英単語

基礎英単語

基礎英単語は、中学・高校で学習する単語のなかで、特に覚えておきたい基礎的な単語をピックアップしてまとめたコンテンツです。

  • 必修…1070語
  • 暦・曜日・季節・方角・時間帯…45語
  • 数字・序数…45語
  • 代名詞・疑問詞…46語

が収録されています。

具体的な使い方については、こちらで解説していますので、ご参照ください。

個々のレッスンは、TEPPAN英単語と同様に10語ずつに分割されていますので、スキマ時間などでも活用しやすいようになっています。

スタディサプリTOEICのトレーニング内容と使い方について解説!

TEPPAN英単語などの単語・イディオム系トレーニング

  • TEPPAN英単語
  • 基礎英単語
  • パーフェクト講義と実戦問題集の「単語・イディオムチェック

といった単語・イディオム系トレーニングは、すべて同じ機能を備えています。

TEPPAN英単語

まず、学習したいトレーニング(レッスン)を選択します。

TEPPAN英単語

「はじめる」をクリックすると、トレーニングがスタートします。

TEPPAN英単語

こちらが、基本的な問題画面です。

英単語やイディオムが表示されるとともに音声が流れます。

そして、4つの選択肢が表示されます。

このなかから正解と思われるものをクリックすると、正誤が表示されます。

TEPPAN英単語

すべての問題が解き終わると、出題された単語と正誤の結果が一覧で表示されますので、必要に応じて復習できます。

クリック1つで音声も再確認することが可能です。

また、ほとんどの単語に例文がついており、かつ例文の音声も確認することができます。

TEPPAN英単語

なお、最初の画面の「設定変更」から、出題形式を変更できます。

TEPPAN英単語

  • 解答の選択肢を表示するか、非表示にするか
  • 出題の順番を順番通りにするか、ランダムにするか
  • 出題の際に文字で単語を表示するか、表示せず音声だけにするか

といったことが選択可能です。

これらの設定を組み合わせることで、さまざまなバリエーションの出題形式で学習することができます。

一例を挙げると、

  • 単語表示あり・選択肢あり・標準出題
  • 音声のみ・選択肢あり・ランダム出題
  • 音声のみ・選択肢なし・ランダム出題

というふうに徐々に負荷を上げていく使い方もできます。

問題演習

問題演習

  • パーフェクト講義
  • 実戦問題集
  • パーフェクト講義-英文法
  • 基礎英文法

では、TOEICと同様の問題を解くことができる、問題演習が用意されています。

すべての問題には制限時間が設定されており、問題を回答する時間の目安にできますので、実際のTOEICテストを問題を解くような緊張感を持って取り組むことができます。

一方で、例えばリスニング問題では、音声について、

  • 再生速度を遅くしたり、早くできる
  • 一時停止をしながら、再生できる
  • 繰り返し聞くことができる

などの機能がありますので、時間をかけてじっくり問題に取り組むことも可能です。

問題演習

Part3とPart4では、15秒間の設問の先読みタイムも設定されているのが、面白いところです。

こういったところからも、実際のTOEICテストを受ける感覚で問題に取り組めるような工夫がなされていることが、おわかりになるかと思います。

問題演習

問題演習

ただし、スマホの限られた大きさの画面で問題を解くことになるため、

  • 複数の設問がある場合でも、1問ずつしか表示できない
  • Part6やPart7といった長文リーディング問題の場合、
    • 問題がやや見づらい
    • 設問は手動で表示しなければならない

などの限界点があるのは確かです。

(なお、PC版では画面が大きい分、若干は改善されます。)

しかし、スマホ上でTOEIC形式の問題が手軽に解けるというメリットは、非常に大きいと思います。

もし、どうしてもより本番に近いかたちで問題を解きたいということであれば、

  • パーフェクト講義
  • 実戦問題集(NEXTを除く)
  • パーフェクト講義-英文法編

については、テキストも販売されているので、そちらを利用するのも良いでしょう。

問題演習 解説

すべての設問を解き終えると、各設問についての正誤が表示されます。

また、設問についての詳しい解説を見ることができます。

問題演習 解説

問題演習 解説

加えて、Part3,4,6,7といった長文の問題の場合には、

  • 問題の英文とその和訳の表示機能
  • 問題音声の再生機能(リスニング問題)

がついており、復習がしやすくなっています。

部分的にはやや難点もありますが、このようにスマホだけでTOEIC形式の問題演習ができるというのは、とてもうれしいですよね。

動画講義

動画講義

  • パーフェクト講義
  • パーフェクト講義-英文法編
  • 実戦問題集

では、カリスマ英語講師である関先生の動画講義を観ることができます。

この動画講義があることが、スタディサプリTOEICの最も特徴的な部分と言ってもいいでしょう。

人気講師であることもうなずけるほど講義内容は非常にわかりやすく、TOEICのスコアアップに重要な事項に絞って解説してくれるため効率的です。

そして、関先生自身、実際にTOEICを受験し何度も990点満点も取得していますから、信頼性もバツグンです。

また、1つの動画講義は、おおよそ5分前後と短いですので、スキマ時間でも視聴することができます。

ちなみに、動画の再生速度は1.5倍速にすることも可能ですが、十分に聞き取れる速さですので、時間に余裕のない場合に活用すると良いでしょう。

なお、

  • パーフェクト講義
  • パーフェクト講義-英文法編

の動画講義については、別売りのテキストに講義の書き起こしが掲載されています。

  • 講義内容を都度々々確認したい
  • 動画よりも文章のほうが学習しやすい

という場合などには、テキストを活用するのがおすすめです。

ディクテーション

ディクテーション

リスニング問題のすべての英文について、シャドーイングのトレーニング機能が用意されています。

ディクテーションは、聞こえてきた英文を書き起こしていくトレーニングで、リスニング力のアップに非常に有効です。

しかし、通常ディクテーションを行うには、紙と筆記具が必要になってしまいます。

ですが、このディクテーションのトレーニング機能には、

  • キーボードが表示される
    • 1語ずつ入力可能な文字が絞られる「キーボード制限機能」も設定できる
  • 音声は、
    • 再生速度を遅くしたり、早くしたりできる
    • 繰り返し聞くことができる
  • どうしてもわからない場合のために、「一文字ヒント」機能がある

など、スマホだけで、手軽ながらもしっかりとトレーニングできるように設計されています。

それでも、ディクテーションのトレーニング自体は面倒と思われるかもしれません。

ですが、そのトレーニング効果は絶大ですので、特にリスニングが苦手な場合には、できるだけ行うことをおすすめします。

本文チェック

本文チェック

Part3,4,6,7といった長文の問題には、本文チェック機能がついていますので、問題文を改めて確認できます。

音声は、全文を通しで再生できるとともに、1文ずつで再生することもでき、また再生速度も変更可能です。

そのため、次に行うトレーニングであるシャードーイングやスピード音読の練習を簡単に繰り返して行うことできます。

私個人的には、この機能を最も多く利用してトレーニングを繰り返しました。

シャドーイング

リスニング問題には、シャドーイング機能が用意されています。

シャドーイングは、聞こえてきた音声の少し後に続いて同じように自分で発声するトレーニングで、リスニング力の向上に大変効果があります。

シャドーイング

まずシャドーイングをして、自分の発話を録音します。

その際には、自分のレベルに応じて、音声の速度や文章を表示させるといった調整も可能です。

シャドーイング

そして、すべての文についてシャドーイングが終わったら、録音した自分の発話を聞いて正しくシャドーイングができているかどうかを確認していきます。

自分の声を聞くのは最初のうちは恥ずかしいものですが、徐々に慣れていきます。

実際にうまくできているかをチェックすることはとても重要ですので、ぜひ録音して確認していきましょう。

「シャドーイングはレベルが高すぎる…」という場合

シャドーイングは難易度の高いトレーニングですので、初級者の場合には取り組むことが難しいケースも出てくるかと思います。

その場合には、まずはオーバーラッピングのトレーニングで代替することをおすすめします。

オーバーラッピングとは、スクリプトを見ながら音声に合わせて発話するトレーニングです。

スクリプトを見ながらなので、難易度が下がります。

オーバーラッピングで、英語のスピードやリズムに慣れてから、シャドーイングに取り組むといいでしょう。

なお、スタディサプリTOEICの機能は、オーバーラッピングのトレーニングをする際にも適しているので、安心してください。

スピード音読

Part6とPart7の問題には、スピード音読トレーニングが用意されています。

スピード音読とは、英文を理解しながらできるだけ速いスピードで音読するトレーニングで、リーディング速度の向上に有効です。

スピード音読

シャドーイング機能と同様に、自分の発話を録音します。

スピード音読

すべての文の音読が終了したら、録音した自分の音声を聞いて正しく音読できているかを確認します。

こちらについてもシャドーイングと同様に、自分の発話をチェックすることはとても重要ですので、ぜひ録音して確認することをおすすめします。

レベル別のスタディサプリTOEICおすすめ勉強法を紹介!

TOEICスコア ~400点

このレベルですと、TOEICについて云々する以前の問題として、英語の基礎力が不足していると考えられます。

ひとまずTOEICは置いておき、まずはしっかりと基礎を押さえることから始めることをおすすめします。

スタディサプリTOEICには、基礎講座として、

  • 基礎英文法
  • 基礎英単語

のコンテンツがありますから、中学レベルの英語から学習することができます。

基礎を身につけたうえで、次のステップに進むと良いでしょう。

TOEICスコア 400~600点

このあたりのスコアですと、おそらく大学レベルかと思われます。

基礎的な部分のほとんどは理解していると考えられますが、部分的には抜けているところがあるかもしれません。

ですので、基礎講座についても、サラッとで構わないですから、念のため確認しておくことをおすすめします。

続いて、

  • TEPPAN英単語

を進めながら、これと並行して、

  • パーフェクト講義-英文法編
  • パーフェクト講義のPart1,2,5

を始めましょう。

そのあと、

  • パーフェクト講義のPart3,4,6,7

に進んでいき、これらが終わったら、

  • 実戦問題集

に移っていくのが良いと思います。

TOEICスコア 600~730点

このレベルですと、文法の知識はほぼ押さえていると考えられますが、漏れがないようにするためにも、まずは、

  • パーフェクト講義-英文法編

をチェックしておくことをおすすめします。

そのうえで、

  • TEPPAN英単語

を進めながら、

  • パーフェクト講義

でTOEIC対策をしていきましょう。

そしてその後、

  • 実戦問題集

で実践力を身につけていくことになります。

TOEICスコア 730点~

このレベルになると、TOEICに関する知識はほぼ網羅していると考えられます。

ですので、

  • パーフェクト講義

をチェックしたうえで、

  • 実戦問題集

に進み、問題演習を多くこなしていきましょう。

また、どのレベルであっても語彙力は重要ですので、

  • TEPPAN英単語

にもしっかりと取り組むことをおすすめします。


なお、これはすべてのレベルで言えることですが、パーフェクト講義や実戦問題集は、問題を解くだけで終わらせてはいけません。

問題慣れしただけでは、どうしてもスコアの伸びに限界がきます。

必ず、スタディサプリTOEICに用意されている各種のトレーニング機能を活用して、英語力自体の向上を目指しましょう。

スタディサプリTOEICパーソナルコーチプランなら勉強法で迷うことはない!

ここまで、スタディサプリTOEICについて、

  • コンテンツ内容
  • トレーニング内容と使い方
  • レベル別の勉強法

についてお話してきました。

私はスタディサプリTOEICをかなり使い込んできましたし、実際にスコアアップも達成できました。

ですので、こちらでご紹介してきたスタディサプリTOEICを使っての勉強法は、正しい方法の1つであると自負しています。

しかし、そうは言いつつも、これらはあくまでも私の経験から導いた最大公約数的なものであって、一例に過ぎないとも言えます。

実際には、

  • 英語力のレベル
  • 得意・不得意の分野
  • 英語学習に当てられる時間

など、さまざまな要素は百人百様ですから、人によって適切な勉強法やトレーニング方法は異なると考えます。

特に、初級者~中級者にとっては、自分にとってベストな勉強法が確立されていないケースが多いでしょう。

いざ勉強を始めても、「この勉強法で良いのだろうか…」と迷う場面が出てきてしまうと思います。

そして、独力で自分の勉強法を確立するには、それなりの時間を要することになりかねません。

ですから、勉強法が確立されていないうちは、プロに指導を仰ぐのが最も効率的であると考えます。

また、スタディサプリTOEICは、非常に優秀なツールです。

一方で、スタディサプリTOEICは、あくまでもツールにしか過ぎないことも確かであり、このツールをどのようにして活用するかが、本当に大事なことと言えるでしょう。

その際にも、スタディサプリTOEICを熟知したプロから指導を受けるのが、最良の方法であることは間違いありません。

これらを考慮すると、もしスタディサプリTOEICを活用して学習を進めていくのであれば、私はスタディサプリTOEICのパーソナルコーチプランを是非ともおすすめしたいです。

スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

パーソナルコーチプランでは、英語学習に精通した優秀なコーチが、あなたの状況を考慮しながら最も適した学習プランを作成してくれます。

また、スタディサプリTOEICでのトレーニングについても、あなたにとってベストな方法を提示してくれます。

かく言う私も、学習開始当初にパーソナルコーチプランを受講し、コーチからさまざまなアドバイスをもらいながら、私なりのスタディサプリTOEICの活用の仕方や勉強法を確かなものにしていきました。

スタディサプリTOEICを使って英語学習に取り組んでいきたいとお考えのあなたへ。

スタディサプリTOEICのコンテンツやトレーニングを最大限に活用するためにも、また自分に合った勉強法を確立するためにも、パーソナルコーチプランを利用することを強くおすすめします

スタディサプリTOEIC パーソナルコーチプランはこちらから⇒

タイトルとURLをコピーしました