スタディサプリTOEICの期間は6カ月と12カ月のどちらがいい?

スケジュール

ゆうま
ゆうま

こんにちは。

当サイト管理人のゆうまです。

詳しいプロフィールはこちらへ⇒

スタディサプリTOEICには、複数月の料金パックプランとして、

  • 6カ月パック
  • 12カ月パック

があります。

このように複数のプランがあると、

  • 6カ月で足りるだろうか…?
  • 12カ月では長すぎるのでは…?

などと、いろいろ考えてしまうのではないでしょうか。

そこで、こちらでは、6カ月パックと12カ月パックを選ぶにあたって、

  • 目標点数から考える
  • スタディサプリTOEICを終わらせることから考える

という2つのアプローチからみていきたいと思います。

 

スタディサプリTOEICの期間による料金の違い

料金

スタディサプリTOEICの期間を考えるにあたって、まずは期間による料金の違いを押さえておくことにしましょう。

スタディサプリTOEICは、通常であれば、

  • 1カ月3,278円

になります。

ですが、冒頭でもお話したように、スタディサプリTOEICには、複数月の料金パックプランがあります。

それぞれ総額では、

  • 6カ月パック…18,348円
  • 12カ月パック…32,736円

となっています。

これを1カ月あたりにすると、

  • 6カ月パック3,058円/月
  • 12カ月パック2,728円/月

となります。

ゆうま
ゆうま

当然のことながら、期間が長いほうが、1カ月あたりでは安くなるわけですね。

目標点数からスタディサプリTOEICの期間を考えると…?

目標

それでは、まずは目標点数からスタディサプリTOEICの期間を考えてみましょう。

スタディサプリTOEICでは、1週間の目標勉強時間を設定することができます。

そして、その設定画面を開くと、以下のような画面が表示されます。

目標時間設定

実はこちらには、スタディサプリTOEICでの勉強時間に伴うスコアアップの目安も示されています。

これを見ると、

  • 1時間/日…6カ月で100点アップ
  • 2時間/日…3カ月で100点アップ
  • 3時間/日…2カ月で100点アップ

となっています。

つまり、「スタディサプリTOEICで180時間勉強すると100点アップする」と想定しているわけです。

これを基に考えると、例えば、現在500点で700点までスコアアップしたい場合には、200点のスコアアップとなります。

したがって、(180時間/100点)×200点=360時間の勉強時間が必要ということです。

これを、1日あたりの勉強時間からそれぞれ考えると、

  • 1時間/日→12カ月必要
  • 2時間/日→6カ月必要
  • 3時間/日→4カ月必要

ということになります。

もう1つ、例えば、現在500点で800点までスコアアップしたい場合には、300点のスコアアップとなります。

ということは、(180時間/100点)×300点= 540時間の勉強時間が必要です。

これを、同様に1日あたりの勉強時間からそれぞれ考えると、

  • 1時間/日→16カ月必要
  • 2時間/日→9カ月必要
  • 3時間/日→6カ月必要

ということになります。

ゆうま
ゆうま

結局のところ、目標点数までのスコアアップの幅と、1日あたりどのくらいの勉強時間を確保できるのかによって、必要な月数が変わってくるということですね。

スタディサプリTOEICを一通り終わらせることから期間から考えると…?

完了

続いては、スタディサプリTOEICを一通り終わらせることから期間を考えていくことにします。

こちらについては、1つの参考例として、実際にスタディサプリTOEICを実践した私の実績データを基にしていきたいと思います。

なお、私がスタディサプリTOEICで勉強を開始したのは、TOEICのスコアが500点台のときです。

私が実践したコンテンツは、

  • パーフェクト講義
  • TEPPAN英単語(~860点レベル)
  • パーフェクト講義-英文法編基礎英文法を含む)
  • 実践問題集(一部)

です。

なので、スタディサプリTOEICの基本となるコンテンツは、おおよそ学習したと考えて良いと思います。

まず、問題演習である実践問題集以外の3つのコンテンツについては、それぞれ

  • パーフェクト講義…110時間
  • TEPPAN英単語…51時間
  • パーフェクト講義-英文法編…31時間

の、合計192時間で終わらせることができました。

そして、実践問題集ですが、こちらは合計で20回分あり、私はそのうちのいくつかを勉強しました。

その1回分あたりの平均は、60時間でした。

こちらについては、おそらく、

  • 問題を解く
  • 間違った問題を復習する

だけであれば、もっと少ない時間で終わらせることができると思います。

ですが、私は基本的にはすべてのトレーニングまできっちり行ったため、このくらいの時間がかかりました。

この実践問題集ですが、少なくとも3回分くらいはやっておきたいところです。

したがって、(60時間/回)×3回=180時間程度の時間は、かかると考えられます。

そうすると、スタディサプリTOEICの基本的なコンテンツを終わらせるためには、

192時間+180時間=372時間≒360時間程度

かかることになります。

これは偶然ですが、先程お話した200点スコアアップするのにかかる時間と同じです。

したがって、1日あたりの勉強時間からそれぞれ考えると、

  • 1時間/日→12カ月必要
  • 2時間/日→6カ月必要
  • 3時間/日→4カ月必要

ということになります。

ゆうま
ゆうま

もちろん、実践問題集をもっと多く勉強するのであれば、その分だけ勉強時間は増えることになります。

まとめ

進捗

ちなみに、以前、1日何時間勉強するのが良いのかについての記事を書きました。

こちらでは、スタディサプリTOEICの1日あたりの理想的な勉強時間は、

  • 半年以上をかけてじっくり勉強するなら、1時間/日
  • 短期間で結果を出したいのであれば、2時間以上/日
    • ただし、現実的には3時間以上/日は難しい

と結論づけました。

そのように考えると、やはり1日あたりの学習時間は、1~3時間程度が現実的な範囲ということになります。

したがって、スタディサプリTOEICの期間を選ぶ際には、

  • 1日あたり1時間と、じっくり勉強を進めるのであれば、12カ月プラン
  • 1日あたり2~3時間と、集中的に勉強を進めるならば、6カ月プラン

が良いということになるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました