TOEICで900点以上を最短で目指すために大事なポイントとは?

こちらでは、TOEICで900点以上を最短で目指すために大事なポイントについてまとめています。

TOEICのスコアアップにあたって、TOEICで900点以上を最短で目指すために大事なポイントとともに絶対におすすめなのが、「スタディサプリTOEIC」のパーソナルコーチプランです。
こちらでご紹介している、TOEICで900点以上を最短で目指すために大事なポイントと合わせて活用すれば、効果はバツグンですよ!

参考動画

>>今回の動画はコチラ

>>おすすめのTOEIC教材体験談はこちら!

↑↑おすすめのTOEIC教材はこちら!↑↑

【文字起こし】

TOEICで900点を目指す勉強法を紹介していきます。

今日は、TOEICで900点を目指すための勉強法について、解説していきたいと思います。

TOEICで900点というのは、やっぱりすごく高い点数ですよね。

TOEICで900点を取るというふうになると、1問1問を大切にしていかないと、なかなか取れる点数ではありません。

なので、実際に対策をするときというのは、990点満点を狙うつもりでトレーニングしてをいっていただきたいんですね。

今日は、そんなTOEICで、900点以上を目指すために大事なポイントというのを、紹介していきたいと思います。

TOEICでなんとかして900点以上を取りたいという方は、必ず最後まで動画を見てください。

それでは、TOEICで900点を目指すための勉強法を紹介していきます。

TOEICで900点を目指すための勉強法

それでは早速、TOEICで900点を目指すための勉強法についてお話ししていきたいと思うんですが、まずTOEICで900点を目指すからといって、すごく特別なトレーニング法というのはないんですね。

音読とか、精読とか、語彙とか、文法とか、大事なことというの同じなんですね。

ただ、それぞれのトレーニングを「どれだけ高いシールドでできるか?」いうのが、大事になっていきます。

ベースは語彙力の強化

900点を目指すなかで、本当にまず大事にしてほしいのが、「語彙力」なんですね。

すでに「800点とか、860点ぐらい取れてるよ」という方だと、「ある程度難しい語彙も知っているよ」という方が多いと思うんです。

だとしても、さらなる語彙力の強化というのを、継続していただきたいんですね。

語彙が多ければば多いほど、900点を目指すのが楽になってくるんですよ。

「どれだけ自分の手持ちの武器があるのか?」いうのが、語彙力です。

音声を聞いていて、知らない単語というのは聞き取れないですし、長文を読んでいても、知らない単語とか、少し曖昧な意味の単語が連続して登場してしまったら、本文全体の意味がわからなくなってしまいますよね。

さらに、TOEICのPart5で、全く分からない単語が選択肢に登場してしまったら、1問落としてしまいますよね。

やっぱり最終的には、「どれだけ語彙力があるのか?」いうのが大事になってきます。

なので、改めて「自分にどれくらいの語彙力があるのか?」というのを、確認しておいてください。

900点以上を取る語彙力というと、難しい単語をたくさん知っているというのももちろんなんですけども、やっぱり曖昧な意味の単語というのを減らしていく。

さらに、1つ意味を知ってる単語というのも、2つ目・3つ目の意味がありますから、その単語に対していくつ意味を知ってるかというのを確認していきましょう。

何度も言いますが、語彙力は非常に大事なポイントになっていきます。

そこから、語彙力というベースがあるなかで、「じゃあ、ほかにはどんなことをしたらいいか?」というと、3本柱があるので、それぞれバランス良く勉強していっていただきたいんですね。

苦手の強化

その3本柱というのが、まず1つが、「苦手の強化」です。

900点を目指すという方にとっては、問題によっては非常に簡単な問題というのも、もちろんあると思うんですね。

ただ、簡単な問題の数が増えていけばいくほど、自分の苦手というのが埋もれていってしまうんですね。

なので、「こんなに対策して、こんなにいろいろな知識があるのに、なんで900点が取れないんだろう…」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

ここが、結構一番難しいところだったりするんですよね。

800点から900点にいく段階で、自分が苦手なものを探すというのが、一番難しいんです。

なので、意外とコーチングに来ていただいてる方とかも、900点を狙う方というのは結構多いんですけど、苦手な部分が見えていなくて、一緒に探していくという方が多いんですけど、そこの苦手の分析というのが非常に大事になってきます。

苦手を見つけるためには、リスニングであればディクテーションをして、聞き取れていないものとかを探していく必要がありますし、リーディングとかであれば、文法、Part5はすべて自分で解説できるようになっていなければいけないし、Part7とかも意味がわかる英文でもきちんと精読をして、本当の意味で理解できているかというのを確認していく、細かい作業というのが大事なんですね。

そこまでこだわって、「苦手の分析をできるか・できないか」が、「900点に届くか・届かないか」の分かれ目になってきます。

テストテイキングスキルの強化

それで、苦手の分析、プラスアルファで必要になってくるのが、「テストテイキングスキル」です。

テストテイキングスキルというのは、「テストを受ける力」ですね。

TOEICは、やっぱり受け方によってスコアが結構変わってきます。

リスニングだったら、先読みをいかにスムーズにできるか、リーディングであれば、問題のパターンごとにアプローチを変えてより効率よく問題を解くとか、時間配分とかもすごく大事なポイントになってきますよね。

自分にとって最適なテストの受け方というのを、こだわって見つけていく必要があります。

それで、仮に600点・700点・800点と同じ解き方で来た場合は、そこも見直す必要が絶対にあります。

時間配分とかもどんどん調整していかないと、なかなか900点には届いていきません。

なので、テストの受け方というのも、一番適切な方法というのを考えていってください。

英語力自体の強化

それで、苦手の分析、テストの受け方、最後にやっぱり大事になってくるのが、「英語力」です。

これは当たり前かもしれないんですけど、自分の総合的な英語力というのが大事になってきます。

ここは、例えばもうはじめからTOEIC対策だけで英語を勉強してきた方、留学とか英会話からはじめに入っていって、TOEICの世界に足を踏み入れた人で、英語力というの偏りがあります。

TOEICから入った人というのは、アウトプットが苦手な方が多いんですね。

TOEIC L&Rには、アウトプットは必要ないとはいえ、インプットとアウトプットのバランスが悪いと、アウトプットの部分が足を引っ張ってしまってるということがあるんですね。

なので、ある程度音読とか、アウトプットする機会というのを、どんどん増やしていく必要があります。

逆に、英会話とか留学とかの経験があって、そちらから入ってきた方は、文法とかが苦手だったりするんですね。

なので、文法の理解度、なんとなくPart5もササッと選んでいるとか、Part7も全体をパーっと読んで、「これでしょ」みたいな感じで選んでる方は、きちんと論理的に「ここがこうなってるから、これが正解」という筋道を、しっかり立てて解いていくというようなトレーニングが必要になってきます。

それぞれタイプが違うんですけど、両方ともに言えるのが、TOEICプラスアルファの英語力というのも、身につけていかないといけないです。

それは、「高地トレーニング」ですね。

リスニングであれば、本番の音声よりも早い音声を聞く、海外ドラマとかTED TalksとかPodcastとかで、そういうトレーニングをしていただいたり、リーディングも、TOEICより難しい新聞の記事を読んだりとか、ちょっとした洋書を読んでみるとかというかたちで、TOEICより難しい文に触れて、TOEICを簡単に感じるためのトレーニングというのも大事になってきます。

やっぱり900点を狙うとなってくると、「どういうアプローチでこれまで英語を勉強してきたか?」というのが、結構差が出てくるので、その1人1人によって、「苦手なところ・得意なところ」というのは変わってきます。

なので、自己分析というのが、非常に大事になってくるんですね。

改めて大事なことは、「語彙力」、「苦手の分析」、「テストの受け方」、最後に「英語力」。そこをバランス良く勉強していくというのが、大事になってきます。

以上、TOEICで900点を狙うための勉強法についてでした。

まとめ

それでは、最後のまとめです。

今日は、TOEICで900点を目指すための勉強法について、解説してきました。

まず、900点を取るために、特別なトレーニングというのはないですね。

「いかにそれぞれのトレーニング・勉強を精度高くやるか?」というのが、「900点を取れるか・取れないか」の分かれ目になってきます。

まず、大事なのが「語彙力」です。

知っている単語でも、「曖昧な理解をしていないか?」とか、ちょっと意味は知ってる単語でも、「ほかにも意味がないか?」とか、語彙力を極めていってください。

やっぱり語彙力が高ければ、聞ける音声も聞けますし、長文の読む速度も速くなってきます。

なので、改めて「自分の語彙力がどれくらいあるか?」を確認してください。

TOEICで900点を目指すために、大事な柱が3つあります。

まず1つ目が、「苦手の分析」です。

なぜ苦手の分析が大事かというと、900点くらいまでくると、得意の問題というのが増えてくる。

わからないもの・苦手なものというのが、埋もれてきてしまうんですね。

なので、徹底的に自分で復習をして、苦手というのを探していってください。

さらに、大事なのが、「テストの受け方」です。

「テストテイキングスキル」ですね。

これは、自分の実力を100%発揮するために、どういう手順で、どういうアプローチで問題を解いたら一番いいのかというのを、改めて考えて実践してください。

「600点くらいのときから、解き方を変えていないよ」という方は、そこを変えるだけで結構点数が変わってくるので、ちょっと時間を割いてやってみてください。

そして最後に、やっぱり大事になってくるのが、「総合的な英語力」です。

ここは、「どういうアプローチでこれまで英語を勉強してきたか?」というのも、結構左右されていきます。

バランスがあまり良くない状態で英語力を上げてきた場合、「4技能で、スピーキングとライティングが少し低いから、足を引っ張ってしまっている」ということがあるんですね。

なので、ちょっとアウトプットを練習して、リスニング・リーディングの頭打ちになっている部分をもうちょっと上げていったりとかというところが、大事になってくるんですね。

あとは、逆にアウトプットメインでこれまで勉強してきた方というのは、文法とかロジックの部分というのが、おろそかになってしまっていたりするので、「この問題はそうしてそれが正解なのか?」という分析をしていくというのが、大事になってきます。

あとは、さらにTOEICプラスアルファの英語に触れるというのが大事ですね。

TOEICより速い音声を聞くとか、TOEICより複雑な長文を読んだりするのが、大事になってきます。

タイトルとURLをコピーしました