「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」をレビュー!

こちらでは、「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」についてまとめています。

TOEICのスコアアップにあたって、「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」とともに絶対におすすめなのが、「スタディサプリTOEIC」のパーソナルコーチプランです。
こちらでご紹介している、「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」と合わせて活用すれば、効果はバツグンですよ!

参考動画

>>今回の動画はコチラ

>>おすすめのTOEIC教材体験談はこちら!

↑↑おすすめのTOEIC教材はこちら!↑↑

【文字起こし】

リーディングセクションで満点を目指すための1冊を紹介していきます。

今日は、こちらの「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」について、解説していきたいと思います。

実は、こちら「リスニング」と「リーディング」、それぞれ1冊ずつあるんですね。

今回は、こちらのリーディングのほうの1冊というのを、ご紹介していきたいと思います。

今日は、990点リーディング特訓のほうを解説していきたいと思うんですが、この本の特徴やすごいところ、最後に私のおすすめの使い方というのを紹介していきたいと思います。

「TOEICのリーディングセクションで、どうにかして満点を取りたいな…」と思ってる方は、ぜひ最後まで動画を見てください。

それでは、「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」について解説していきます。

「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」をレビュー!

それでは早速、こちらの1冊を紹介していきたいと思います。

改めて、こちらの本のタイトルは、「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」です。

こちらの本の著者は大里秀介先生で、スリーエーネットワークさんから出版されています。

この本の構成

こちらの本は、990点を狙っていくという本なんですが、大きくテストが2つあるんですね。

それで、こちらのテストと解説がついている本なんですけど、その2つのテストに「フォローアップ」という問題もついているんです。

つまり、同じテスト1・テスト2の英文に対して、違うパターンの設問がフォローアップ1と2で用意されているんですね。

これはPart5だけではなくて、6・7すべての問題に対して、1つのテストに対して、プラスアルファで200問ついているんです。

なので、設問の合計で言うと、600問の問題がこちらの1冊に入っています。

実際にTOEICの英文を見ていると、例えばPart5だったら、1文のなかにいろいろなところで、空欄にできそうな部分というのがあるんですね。

TOEICの本番の試験の問題を見ていても、空欄ではない部分でも、「ここをPart5の品詞問題にもできそうだな」とか、「ここは動詞と前置詞の組み合わせで、ちょっと語彙問題みたいにもできそうだな」というようなかたちで、結構良いTOEICの英文というのは、いろいろなところに問題のポイントというのがあるんですね。

なので、こちらはそれを逆手に取って、同じ英文だけど違うアプローチの問題も体験できるという、本当に死角がない問題形式になっています。

実際に、プラスで2セット分問題を作らなきゃいけないというところから、少しずつ英文が本番のテストより長めになっているんですね。

高地トレーニングに最適

これを75分でやらなきゃいけないとなると、ちょっと難しいかなぁと思います。

なので、こちらの本のなかでも大里先生がおっしゃってるように、時間をオーバーしてしまってもいいので、まずは75分を目安に解いていくというのがおすすめですね。

ただ、こちらの英文を繰り返し繰り返し読むトレーニングをしていけば、本番より少し長め、少し難しめの英文になっているので、高地トレーニングに最適ですね。

やっぱりリスニングもリーディングも、900点以上を目指していく場合は、実際のTOEICよりも少し難しめの問題を解くというのが、非常に大事になってくるんですね。

TOEIC以上の英語力をつけていったほうが900点以降は点数が上がりやすいので、そういう面でも高地トレーニングにふさわしい1冊かなと思います。

この本を使ったトレーニング方法

それで、実際にこちらの本を使ってトレーニングをするとなると、1つのテスト・プラスアルファで2セットですね。

それで、テストは2つ分あるので、合計6セット・600問あるんですね。

それをどういうアプローチで進めていけばいいのかというのは、こちらの本の5ページから「本書の使い方、ファーストアプローチ・セカンドアプローチ」というかたちで、繰り返しどういうふうにやっていけばいいのかというのが、しっかり書いてあります。

こちらはしっかり計算されて、1つの模試をに2セット分と追加で問題を作っていると思うので、そちらのやり方をまず試していただくというのがすごくおすすめかなぁと思います。

さらに、パートごとにそれぞれどういうアプローチでトレーニングをしていくことが、990点を取るために大事なのかというのも書いてありますので、まずはいきなり問題を解くのではなくて、こちらの使い方をじっくり読み込んでから挑戦していただけると、こちらの1冊を最大限に有効活用できます。

なので、まずはこちらの使い方に従って、600問を繰り返し繰り返し解いていくというのが本当におすすめかなぁと思います。

おすすめしたい使い方

さらに、実際に私が利用してみて、こちら皆さんにおすすめしたい使い方になってくるんですけど、こちらは「テスト1」があって、「フォローアップ1・2」というのがありますが、それぞれのテストでどの部分がどういうふうに変わっているのかというのを、しっかり突き合わせるという作業も、とっても有効的な方法なんですね。

「こういうところが、TOEICで問題に問われるのか…」というのが分かります。

そうすると、逆算して、「こういう知識が必要な問題が出るんだな」というかたちで、TOEICの狙いというのがこの3つのテストを比べると分かってきます。

なので、「それぞれ、どういうふうに問題の出題の仕方が変わっているのか?」とか、特にPart5は「ここの部分が聞かれている」というふうに見ていただけるととても効果的ですし、Part7は1文のなかに「あっ、こういうところも問題になっている」とかというのを、1文のなかで「ココとココとココとココが聞かれてるんだ」という、それぞれの「『テスト1』『フォローアップ1・2』でどの部分が聞かれているのか?」というのを確認して読んでいけると、より効果的かなぁと思います。

そういうふうに、全部一旦俯瞰して見ていただけると、より効果的に主導権を持ってTOEICの問題に取り組めていけると思います。

それで、こちらは実際には問題の順番が、全部101番が同じ文を使っているかといったら、そういうわけではないんですね。

本冊の一番最後のページ、350ページに、その問題がどこに準拠しているのかというのが書いてある一覧表があるので、ちょっと若干面倒くさいかもしれないんですけど、そちらを見ながら、「同じ英文でどの部分が問われているのか?」というのを確認していくというプロセスを入れていただけると、さらに効果的な学習ができそうです。

本当に実際に同じ英文を使って違う問題が出されているという問題集というのは本当にないので、こちらの1冊を使って、「どういうところが問題になっているのか?」という、ただ受け身ではなくて、自分からそういうのがたんとなく感じられるように、本番でも「もしかしたら英文を読んでいるなかで、ここが問われるかもな」というのがピンとくるまでトレーニングできる1冊だと思います。

以上、TOEICのリーディングパートで満点を取るための1冊についてでした。

まとめ

それでは、最後のまとめです。

今日は、こちらの「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」について、解説していきました。

こちらの本の特徴として、テスト1つに対して、フォローアップのセッションが2セット分あります。

それで、テストは2つ入っているので、600問分が入っているんですね。

なかなかこういう1つの英文から少しずつ問題を変えてアプローチができるというのはありませんので、「TOEICのテスト・TOEICの設問というのがどういう角度から出るのか?」とかというのが、非常に分析しやすい1冊かなと思います。

あと、実際にはじめのほうのページで、大里先生のリーディングセクションへの取り組み方というのが、本当に丁寧に書かれているんですね。

全体のリーディングセクションのお話やPart5・6・7のそれぞれのパートのお話をしていただいているので、こちらをまずじっくり読んでからテスト問題に取り組んでいただけると、より効果的にこちらの本を活用できます。

なので、結構飛ばしていきなり問題にいってしまうかもしれないんですけど、はじめのページをぜひ読んでほしいなぁと思います。

あとは、1つのテストで300問分作らなければいけないということから、若干英文が長めなんですね。

なので、いきなり75分で解くというのが結構難しいかもしれないんですけど、そこの時間配分とかの話もはじめのページにしているので、そちらを読んでいただけるといいかなと思います。

あとは、個人的におすすめな使い方なんですけど、「テスト1」と「フォローアップ1・2」で、どこで何が聞かれているかというの総合的に照らし合わせていただけると、より効果的に学習ができます。

例えば、品詞問題で正解が変わると空欄の場所が変わっていたりするんですね。

「品詞問題というのは、やっぱり前後がすごく大事なんだなぁ」というのを実感できます。

そういうかたちで、ちょっとそれぞれのパターンを見比べていただけると、さらに効果的かなと思います。

TOEICのリーディングセクションで満点を目指すための1冊についてでした。

タイトルとURLをコピーしました