TOEICのPart7で満点を目指すためのトレーニング法とは?

こちらでは、TOEICのPart7で満点を目指すためのトレーニング法についてまとめています。

TOEICのスコアアップにあたって、TOEICのPart7で満点を目指すためのトレーニング法とともに絶対におすすめなのが、「スタディサプリTOEIC」のパーソナルコーチプランです。
こちらでご紹介している、TOEICのPart7で満点を目指すためのトレーニング法と合わせて活用すれば、効果はバツグンですよ!

参考動画

>>今回の動画はコチラ

>>おすすめのTOEIC教材体験談はこちら!

↑↑おすすめのTOEIC教材はこちら!↑↑

【文字起こし】

TOEICのPart7で満点を取るためのトレーニング法を紹介していきます。

今日は、TOEICのPart7で満点を目指すためのトレーニングについて、解説していきたいと思います。

TOEICはPart1からPart7まであって、今日はPart7、リーディングセクションの長文読解のパート、1つから3つの文書を読んで設問に答える形式の問題で、全問正解・満点を目指すためのトレーニング法というのを、紹介していきたいと思います。

TOEICのPart7というのは、200問中54問もあるんですね。

なので、4分の1以上がPart7なんですが、そのパートでなんとかして全問正解を目指していく方法を、紹介していきたいと思います。

TOEICのPart7というと、結構満点を狙う方でも最後の最後で間違ってしまうパートになったりしますよね。

なので、今日は「何とかして900点以上・950点以上・満点を目指したい!」と思っている方や、「そこまでいかなくてもいいけど、長文読解でなんとか高得点を狙っていきたい!」と思っている方は、必ず最後まで動画を見てください。

それでは、TOEICのPart7で満点を取る方法を紹介していきます。

TOEICのPart7で満点を取る方法とは?

それでは早速、TOEICのPart7で満点を取る方法を紹介していきたいと思うんですけど、今日は3つのポイントに分けてお話ししていきたいと思います。

今日ご紹介する3つのポイントの1つ目が、「実際に問題を解くときのポイント」、続いて「復習のポイント」、さらに問題を解いて復習をしたあとにさらなる「高地トレーニング」について、最終的にお話ししていきたいと思います。

実際に問題を解くときのポイント

それでは早速、まず1つ目のお話ですね。

「実際に解くときのポイント」になってきます。

54分以内に解く練習を

先ほども言ったんですけれども、TOEICのPart7というのは、54問あるんですね。

200問中54問です。

Part7で満点を取るためには読解力も大事なんですけど、あとは「いかに時間をうまく使いこなせるか?」にかかってきます。

Part7は一般的に1問1分で解くというのが一番うまいペースだと言われているので、まずは1問1分で解く、つまり54問あるので54分以内に解くという練習を、徹底して行っていく必要があります。

本当に時間は「時計を見てあと何分だろう」とかという考える時間でさえもったいないし、それを考える脳の容量というのももったいないので、自分が受ける部、午前の部だったら午前の部、午後の部だったら午後の部と決めて、何時何分に何番まで終わってるのかというのを、しっかり把握しておけると良いですよね。

特にPart7というのは1問1分なので、非常に計算がしやすいんです。

合計でセットで数えると、15セット問題があるんですね。

それごとに時計を15回も見ていると、結構時間のロスなので、もう「マークシートのどのタイミングで時計を見るのか?」というのを決めておきます。

もちろんシングルパッセージだと、2問つきとか3問つきで、ちょっと問題の番号がずれてしまうんですけど、それはしょうがないので、私はまずは147番からPart7が始まるんですけど、まず147から解いて、150で時計を見ます。

下の部分ですね。

そこから151から160とか、あとは10問ずつ進んでいくので、マークシートの一番下の部分、150、160、170のタイミングで時計を見るようにしています。

問題をまたいでしまっているときもあるんですけど、まずはその10番台を解いたらパッと見て、「時間を使いすぎているか?」、それとも「ちょっと早めに進んでいるか?」かというのを確認していきます。

それで、その時間も何時何分に何番というのを決めておくんですね。

例えば、私はいつも午前の部を受けていて、リーディングパートはPart7から挑戦しているんですね。

午前の部なので、11時5分くらいにリスニングが終わります。

そこからまず5分ぐらいで、はじめの4問を解くというふうにしてるんですね。

1問1分なんですけど、5分までとしたほうが計算がしやすいので、5分までとしてしまいますね。

実際にリスニングも1分や2分は前後はするので、11時10分までにはじめの4問、あとは10分おきに1番下のマークシート。

なので、160番だったら11時20分、170番だったら11時半とかというかたちで、10分ごとに何時までというのを決めておくんですね。

そうすると、本当にらくですね。

毎回同じなので、非常に本番もタイムマネジメントがしやすくなります。

あと、普段2時間模試を解くときも、時計は何時から始めようが、本番でいつも使う時計で、10時20分からはじめるようにしています。

15時から始めようが16時から始めようが、1回10時20分にセットして、そこから2時間というかたちにしていれば、本番と時計の針の位置というのは変わらないので、より本番に近い状態で模試ができます。

Part7、特に時間配分が大切なので、ここまでこだわって問題の解き方のスキルアップを目指していってください。

そしてさらに、Part7を問題の順番通りに解いたら、すべてのパートの一番最後に解くというふうになってくるんですね。

リスニングも終わって、Part5・6も終わってのPart7なので、疲れた状態でPart7に挑戦するのが、普段の本番の状況ですね。

それにより近づけた状況で、Part7を54分で解くというトレーニングをどれくらいできるかに結構かかっていきます。

なので、やっぱり今TOEICのPart7、どのパートでもそうなんですけど、やっぱり満点を狙っていくとなると、模試を、同じ模試でいいので、どれくらい何回解くのかというのが大事になってくるんですね。

復習のポイント

続いては、「復習のポイント」について解説していきたいと思います。

模試とかPart7の問題集とかを解いて、そのままで終わらせては、なかなか満点は届かないですね。

「どのように詳細に綿密に復習をしていくか?」というのが、大事になっていきます。

英英辞典を使う

実際に問題を解いたあと、本番の問題は振り返られないんですけど、出てきた単語とかは徹底的に調べていきましょう。

知らない単語とかでもいいですし、「パッと読んで知ってる単語なんだけど、意味がしっくりこない」とか、「自分が知ってる意味で読んで、文の流れにちょっとマッチしないな」という単語もあると思うので、そういうものは積極的にまず調べていきましょう。

それで、自分で単語の意味はわかってるんだけど、「この文脈で、なぜその単語が使われているのか?」、「この文脈だと、どういう意味で使われているのか?」がピンとこない単語というのもありませんか。

これは、「日本語ではそういう表現をしない」とか、「日本語だとしっくりこない」という単語になってくるんですね。

日本語も英語も言語なので、必ずしも1対1で訳せるわけではないんですね。

それを無理やり訳をつけているというわけなんですけれども、長文とかで読んでいくと、「やっぱりこの日本語の意味だとしっくりこないな」というのが、どうしても出てきてしまうんですよ。

だから、意訳とかがあったりするわけなんですけれども、実際にそういうモヤモヤとした部分があると、余計に時間がかかってしまったり、「そこが100%クリアでないから、問題を間違ってしまう」なんてことになりかねないので、実際に読んでいって、「なんでこの単語がここで使われているんだろう」、「どういう意味になってるんだろう。ピンと来ないな」という単語は、英英辞典で意味を調べてみてください。

今この動画を見ている方が、Part7で満点を取りたいと願っている、すでに800点とか850点以上を取っている方だという過程でお話ししているんですけれども、そういう方は本当に積極的に英英辞典を使っていただきたいんですね。

Web上にも英英辞典はありますので、「英語でその単語がどういう意味なのか?」というのをWebを探してみてください。

そうすると、より1対1の日本語の訳よりも、よりイメージが深くなります。

「この単語はこういう意味で使うんだなぁ」というのを、より詳細に分かるわけなんですね。

なので、そこまでこだわって、単語の意味は調べていきましょう。

単語の意味なんですけど、本文も設問も選択肢も、すべて確認してくださいね。

「本文に登場している単語を言い換えたものが、選択肢に登場する」というのは、「Part7あるある」ですよね。

なので、「この単語とこの単語が、どういうふうに言い換えられているのか?」、それもちゃんとメモをするとか覚えておくというのが大事ですね。

基本的に、言い換えのパターンというのは、たくさんないんですね。

例えば、「annual:毎年の」という単語の言い換えとすると、「every year」とか「yearly」とかというかたちで、結構頻繁に言い換えられる単語なんですね。

そんなかたちで、言い換えができる単語というのは限られてくるので、「これとこれは、言い換えのペアなんだな」というのをストックが貯められば貯められるほど、本番でも言い換えにすぐに気づけるので、1回「言い換えの部分はないかな?」という視点で、英文をさらっていくというのがすごく大事です。

正解・不正解の理由を徹底的に分析する

あとは、正解の根拠の部分、「これがどうして正解なのか?」。

特にダブルパッセージ・トリプルパッセージは、クロス問題、複数の文章を読んで答える問題がありますよね。

「ここにこう書いてあって、こういうメールの内容があるから、選択支(A)が正解なんだ」という、正解の理由というのを徹底的に分析していきましょう。

さらに、不正解の選択肢もたくさんあるんですね。

実際には、正解の選択肢より不正解の選択肢のほうが数多くありますよね。

「不正解の選択肢がどうして間違いなのか?」、「ここの部分が違うよ」とか「全く原形がないよ」とかというかたちで、間違いにもいろいろ種類があります。

なので、「どうして正解ではないのか?」という視点で、間違いの選択肢というのを分析していきましょう。

ここまで単語を英英辞典で見るとか、言い換え表現を見つけるとか、正解・不正解の理由を見極める、みたいなお話をしました。

精読をする

これは、本当にじっくり問題の復習をして、そのあとにそれを全部終わらせてから、精読をしていきます。

精読というのは、本当にまったく100%意味がわかってる文でも、全部Part7の文、文構造を確認して、S、V、これが修飾になっている、とか確認をして訳とかを見て、「完璧にその英文が理解できているのか?」というのを見極めて、何度も何度もやってみてください。

精読をやると意外と忘れがちなのが、細かい部分だけ見て、全体の流れを把握できてなかったりするんですね。

なので、「あっ、これは広告:advertisementだから、まずはじめに広告の内容がバーンと書かれてあって、そのあとに詳細、条件とかいつなのかとかというのがかいてあるなぁ」というかたちで、段落ごととかまとまりごとに、「どういう文の流れになっているのか?」というのも見てあげるのが、すごく大事になってきます。

そんなかたちで、「復習して、精読して、音読して、全体像を考えて」というのを、いかにディープにできるかですね。

ここに一番時間をかけてほしいです。

問題もたくさん解くというの悪くはないんですけど、たくさん解いたらその全部に対して、同じくらい復習をしていかなくてはいけないんです。

問題を解き放しにはしないで、きちんと「復習する、精読する、通読する、音読する」、これすごく大事なポイントです。

高地トレーニング

最後のポイントが、「高地トレーニング」についてですね。

実際に問題を複数解いて、1回解いたものを復習する方法、実際の問題の解き方とか復習法についてはお話していったんですけど、「あと1個何かが足りない」という段階が来ると思います。

そのときには、やっぱり実際より難易度を上げてトレーニングをする必要があります。

その手しては、実際の問題、公式問題集でも制限時間を短くしてトレーニングをしてみたりとか、あとは英文を本当に1回だけ読んで問題に答えるというかたちで、読んだら白い紙で覆っていって、返り読みはできないように、2度読みができないように隠していって、「1度読みだけで得た情報で問題を解く」とかというかたちで、少し本番より難易度を変えていただいたりとか、あとは実際に本番より難しい英文、本番より難しい問題に挑戦するんです。

以前も紹介したことがあると思うんですけど、「極めろ! TOEIC L&R TEST 990点 リーディング特訓」とか、「TOEIC L&R TEST 990点獲得 最強Part7模試」などの、990点目標の方をターゲットにしたPart7の長文を読んでトレーニングをするというのも、すごく大事です。

やっぱり、普段より難しいものとか、普段より複雑な文構造で量も多いものを読む練習をしていけば、本番の長文が簡単に感じることができます。

なので、少し難易度の高いものに手を出して、こちらに挑戦をしていく。

難しい問題を解くときも、時間配分とか復習のやり方というの変わらず、そこは徹底していただいたうえで、難しい問題こそより丁寧にやるというのが、すごく大事になってきますね。

それで、こういう難しいめのものは、ずっと毎日トレーニングしていくと、どんどん英語を読むのがイヤになってきてしまうこともあるんですけど、そこを乗り越えていくというのも大事ですね。

そこをなんとか耐えて、また何回も何回も繰り返しちゃんと読んでいけば、スムーズに読めるようになってくるので、そこをまず目指して繰り返しトレーニングしていきましょう。

あとは、難易度が同じレベル、公式問題集の問題なんだけど、「記事問題が苦手」とか、あとは「suggestとかindicateとか、そういう単語入っている問題が苦手だな」。

選択肢照合型の問題ですね。

そういうかたちで、少し問題によっても難易度の高いものとか、英文の種類で読みにくいものというのがある場合は、それを中心にトレーニングしていくというのもすごく大事ですね。

とにかく、高地トレーニングとしては、「Part7は本当に難しいものをひたすら読んでいく」というのに、まず挑戦してほしいなぁと思います。

以上、TOEICのPart7で満点を取る方法についでした。

まとめ

それでは、最後のまとめです。

今日は、TOEICのPart7で満点を取る方法について解説していきました。

今日、3つのポイントがありましたね。

まずは、「問題を解くときのポイント」です。

問題を解くときには、時間配分を徹底してください。

1問1分というの守って、「自分でどのリズムで解いていくか?」というのを、まず決めてください。

それで、問題の解き方も、「少しずつ読んでいくのか」、それとも「全部読んで全部答えるのか」とか、いろいろやり方がありますので、あなたに一番合ってる方法を検討してみてください。

2つ目のポイントが、「復習」ですね。

復習をやるときには、「単語の意味とかも徹底して調べて、精読もして、通読もして、音読も何回もする」というのがポイントですね。

今日は、特に強調したのが、「意味は日本語はわかるんだけど、少ししっくりこない」ような、「その文脈だと、なんでここにこの単語があるのかピンと来ないな」という単語があった場合は、英英辞典で意味を調べてみてください。

高得点をすでに取っていて、さらなる高得点を目指しているこの動画を見ているあなたなら、これからなんとかして全問正解を取りたいと思っている方のレベルであれば、英英辞典を読んでもしっかり意味がわかると思うんですね。

なので、日本語と英語は必ずしも1対1で訳せるものではないので、英英辞典を見て、「あっ、こういうニュアンスでも使うんだな」ということを見てみると、よりスッキリ読めることがありますので、ぜひ英英辞典も読んでみてください。

そして最後のポイントは、「高地トレーニング」のやり方ですね。

一度読むだけで問題を解くとか、問題自体が難しい問題集というのもありますので、そういうのに挑戦をして、本番より難易度上げて練習するというのも、最終的に満点を取るとなると大事ですね。

とにかく本番を簡単にするための負荷をかけたトレーニングをやってみてください。

タイトルとURLをコピーしました